高齢者が望むサービスと想いについて考える|お知らせ|おまかせさん

家事代行TOP から来た お知らせ一覧 から来た 高齢者が望むサービスと想いについて考える

おまかせさんからのお知らせ

お知らせ
2022.05.12

高齢者が望むサービスと想いについて考える

高齢者の望むサービス

高齢者が「望むこと」を聞いてみました。

 

  • 健康で長生きしたい
  • まだまだ社会で活躍したい
  • 新たなライフスタイルを築きたい(住まい方・暮らし方・活躍の仕方等)
  • 自立した生活を継続したい(不便・困り事の解消 安心・安全の確保)
  • 住み慣れた自宅(地域)で最後まで暮らしたい
  • たまには旅行に行きたい
  • 老後のお金の心配が無い暮らし
  • 趣味や知識の共有できる友人を増やしたい 「同世代との交流」
  • 運動不足の解消したい
  • 自宅を改修したい(スロープや手すりやバリアフリー化)    
  • 遺言の準備をしたい(自分の死後の配偶者の事が心配等)    
  • 「きちんとした毎日3食バランスよい食事」をしたい
  • 万が一に備えた緊急通報システムの設置            
  • 恋愛をしたい

高齢者の望むことは置かれている状況により違います。

  • 男女、年齢による差
  • 住んでいる地域
  • 住まい形態状況(一人暮らし、家族と同居等)
  • 趣味の有る無し
  • 経済状況
  • 高齢者の性格(仲間や友達との交際関係、社交的等)

普段の生活で困ったな、不便だなと感じている事

おっくうさや不便さを感じる(面倒くさく感じる)

  • 長い距離を歩く事やまわりの人と同じ速度で歩けない
  • 外出をする事
  • 食事の準備、掃除が面倒くさい
  • 布団干しや洗濯、洗濯物を干すのがおっくう
  • 入浴
  • 買い物
  • ひげそり、化粧
  • おしゃれがおっくう
  • 玄関先、ベランダ、庭などの掃除や手入れ
  • 運動など体を動かす事

歩く、立つ、座るに関する困りごと

  • 体力、筋力の低下を感じる
  • 靴を脱いだり履いたりするときにふらつく
  • 階段を上るときにつまづく、つまづきそうになる
  • 階段を下りるときに足をすべらせる、すべらせそうになる
  • (気づかないような)小さな段差でもつまづくことがある
  • 薄暗くなると段差が見えず怖い
  • (何気ない)段差のない平らな場所で転びそうになる
  • 何かにつかまらないと立ち座りが大変

身体、体力、認知機能の変化や老いに関する困りごと

  • 髪の量が減ったり、白髪が増えたと感じる
  • 肌のシミ、しわが増えたと感じる
  • 太り過ぎ、痩せすぎなど体型の変化を感じる
  • 背中が丸くなるなど、姿勢の変化を感じる
  • 判断の能力など、認知機能の低下を感じる

 

望むことの対処法

  • 自宅を改修したい(スロープや手すりやバリアフリー化)については、  

➡➡➡介護保険を利用して

介護保険の制度の中に住宅改修というサービスがあります.

手すりの設置、段差の解消、滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更、引き戸等への扉の取替え、洋式便器等への便器の取替え、その他上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修等

自己負担額は1割で取り付けられる

介護保険の住宅改修には利用できる条件が決められています。

   ・使用する人が介護保険認定を受けていること

・要介護認定を受けていなければなりません。

・要介護認定の結果には要支援(1~2)要介護(1~5)までの5段階の区分があります。

・申請の窓口は住民票のある市町村の介護保険の窓口になります。

・介護保険証を持っているだけでは対象になりませんので注意が必要です。

・該当する工事の内容が事前に市町村から許可がおりていること 

・工事の内容が介護保険に適応されたものであること

・工事の申請金額は上限が20万円まで

・工事する家屋が利用者の住民票上の住居であること

 

  • 万が一に備えた緊急通報システムの設置については、

➡➡➡見守りサービス4タイプがあります。

センサー型

家電やガスの使用状況や、室内に設置した感知センサーの感知状況などから、日常生活を見守るサービス。

通報型

突然の体調不良などの緊急時に、簡単に通報ができるサービス。

コミュケーション型

電話や直接訪問をして、近況や生活の様子を確認してくれるサービス。

その他、複合型

カメラや生活支援など、さまざまな機器や見守りを複合的に取り入れたサービス。

 

  • 「きちんとした毎日3食バランスよい食事」をしたいについては、

➡➡➡食事の宅配サービスの利用

 

高齢者のための福祉サービス

介護面の福祉サービス

在宅サービス

高齢者の方が自宅にいながら介護や医療などの福祉サービスを受けることの出来るサービスです。比較的、軽度の介護で対応出来る方、家族の協力がある方、ある程度自立している高齢者の方がこちらの在宅サービスを利用されることが多いです。

施設サービス

自宅で介護サービスや医療サービスを受ける在宅サービスに対して、福祉施設でサービスを提供されるものです。比較的に介護度の高い高齢者の方がこちらの施設サービスを利用されている方が多いです。

 

在宅サービス

訪問介護(ホームヘルプサービス)・訪問看護

自宅で介護的ケアや医療的ケアを受けることが出来るサービスの事で、ホームホルパーや看護師が自宅へ出向きます。排せつの介護や入浴の介護、体位変換などの身体介護から、薬の指導、バイタルケア、怪我などの処置、また買い物や洗濯などの家事を高齢者の方の代わりに行う場合もあります。しかし、この家事などの生活援助の場合は、提供出来るサービスと提供できないサービスがありますので、事前に確認をしておく必要があります。

訪問入浴サービス

在宅サービスの中でも、入浴に特化したものになります。入浴前にバイタルを確認
し、入浴サービスを提供します。自力で浴槽まで行ける方は軽度の介助を、寝たきりの方の場合は機械浴を用いて介助をします。

訪問リハビリテーション

在宅サービスの中でも、リハビリに特化したものになります。日常生活のためのリハビリや、身体機能回復のためのリハビリ、指導を行ってくれます。

福祉用具の活用

介護保険を活用することが出来れば、福祉用具を借りることが出来ます。自分の介護度に合わせて、車椅子や電動ベッド、また自宅に手すりなどをつけることが出来ます。

通所サービス

自宅から、福祉施設へ通いながら受けることの出来る福祉サービスのことを指します。通所介護サービス(デイサービス)、通所リハビリテーション等があります。

施設サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

施設に居ながら、24時間体制で日常生活などの介護サービスを受けることが出来ます。高齢者の方の介護度や自立度に合わせて介護サービスを提供していきます。日常生活の介護の他、レクリエーション活動なども定期的に行われており、高齢者の方の精神面のケアも行っています。

介護老人保健施設

介護サービスプラス、医学的ケアやリハビリテーションに特化したサービスを受けることが出来る施設です。最終的に、高齢者の方の機能回復を目指し、退院まで持っていくことがゴールになります。

 

介護保険を上手につかって安全な生活を送っていきましょう。

新しい記事へ お知らせ一覧へ 古い記事へ  

「おまかせさん」は家事代行、育児支援、在宅介護サービスのプロフェッショナルです。
頼みづらかった家事を頼んで自分の時間を楽しむ時代です。
「おまかせさん」になんでもおまかせ下さい!

おまかせ家事コース

掃除、洗濯から庭のお手入れ、大掃除まで。サービスプラン表をもとに日常的な家事全般を代行します。

おまかせケアコース

身の回りのお世話から、骨折・療養中の介助、重介護まで。介護の視点を持った温かいサービスをご提供します。

おまかせチャイルドコース

保育園・幼稚園の送り迎えや、生後6ヵ月から小学校6年生までのお子さまをご自宅でお世話します。

  • 初めての方へ
  • おまかせ家事コース
  • おまかせチャイルドコース
  • おまかせケアコース
  • あったか声かけサービス
  • 在宅生活支援サービス
  • 歩行トレーニングサービス
  • ご利用料金・サービスエリア
  • お近くの店舗を探す
  • 比較
  • お問い合わせ・資料請求
  • 求人情報
  • やさしい手
  • おまかせさんオンラインショップ
  • おまかせさんパック